2015年06月16日

向日葵

IMG_2376s.jpg
マンションの花壇の横のアスファルトに去年の向日葵の種がこぼれ落ちて出てきました。

最初見たときはこんなところに向日葵の芽が出てきて育つのか心配でしたが・・・

一番お日様がサンサンとあたる場所が良かったのかも?知れませんね

お水は毎日あげていますので元気にこのまま育って花が咲くといいですね〜



ニックネーム kumi at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーディニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

ディオニシア レモンアリエッタ

IMG_1973.jpg
ディオニシア レモンアリエッタ

サクラソウ科 イラン原産の高山植物


草丈 5〜10cm

開花 3〜5月頃

ふわふわ&モコモコのシルバーリーフの茂みから、かわいらしい鮮やかな黄色の花を、株いっぱいに咲かせます。


栽培ポイント

耐寒性には強く、日当たりが良く風通しの良い場所で管理

注意事項

加湿には非常に弱いので、雨にあてないようにします。

お水をあげるときは上から水をかけないように注意が必要です。

夏は雨を避けられる明るい半日陰に置いたほうがいいそうです。


我が家は2株購入しました。

黄色の小さいお花がとっても可愛いですよね

上手に大きく育てられるか心配ですが・・・

頑張ります!


ニックネーム kumi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーディニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

冬知らず

IMG_1942.jpg

カレンデュラ(キンセンカ)(冬しらず)キク科 草花 一年草 


「冬しらず」とは、「寒咲きカレンジュラ」というのだそうです。
重い冬空の下で鮮やかな黄色の小輪花を次々と咲かせます。
「カレンジュラ」とは、「金盞花」=「キンセンカ」です。
「冬しらず」は、その小型バンで、秋遅くから翌春まで咲き続けます。
「冬しらず」との名前の通り、真冬でも寒さに負けず、元気に花咲きます。
丈夫な花です。

病気 

ウドンコ病(別名:白渋病【しらしぶびょう】)

ウドンコ病は風通しが悪いと発生しやすい病気です。
葉の表面や茎、つぼみに小麦粉をまぶしたようなかびが発生します 。
株と株の間を詰めすぎると風通しが悪くなり発生しやすくなりますので気を付けましょう

害虫
アブラムシ・ヨトウムシ

ヨトウムシは漢字では「夜盗虫」と書きます。
同じ様な被害をもたらすガの幼虫の総称で、見た感じはキモチワルイ、イモ虫です。
体の色は茶色っぽかったり、若い幼虫は緑色っぽいのもあります。
日中は地中におり、暗くなると這い出してきて葉や茎を食い荒らします。
夜に懐中電灯などを照らして見つけたら捕殺するのが確実ですが、オルトランなどの殺虫剤も効きますがあまり大きくなったものは薬が効きにくいです

ポイント

●花期は3月-6月
●花がらはこまめに摘む
●庭植の場合は簡単な霜よけが必要(関西以北)
●タネをまくと簡単に殖やせる

季節・日常の手入れ 
花が枯れた後に放っておくと種が付いて株が弱るので、花がらはこまめに摘むようにします。
春にはアブラムシが発生しますので、アブラムシ用の薬を散布します
地植にしており、霜の心配があるようでしたら霜よけのビニールをかぶせるなどの対策をした方が無難です。
しかし、完全にビニールなどで覆ってしまうと今度は風通しが悪くなってしまいますのでビニールにすき間を空けるか、穴を数カ所開けて通風を測りましょう

日当たり・置き場所 
日当たりのよいところに置きます。
日陰だと花の付きがいまいちよくありません。
耐寒性はある程度有り丈夫な植物なのですがベランダなどで強い寒風の当たる場所や乾燥する場所では葉先が枯れて植物自体が弱ることがあります。
できるだけ強い風の当たらない場所に置かないようにしましょう

水遣り・肥料

冬場に乾燥するとウドンコ病が発生するので、乾燥のさせ過ぎには注意しましょう。土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

地植えの場合は植え付ける前にあらかじめ堆肥やゆっくりと効くタイプの化成肥料を混ぜ込んでおきます。
ココで注意したいのはあまり窒素分の多い肥料(肥料の袋に記載されていると思います)
茎がひょろひょろに伸びて花つきが悪くなったり病気にかかりやすくなります

鉢植えの場合は、植え付ける前にゆっくりと効くタイプの化成肥料を混ぜ込んでおき、追肥として、葉の色が悪いときや生長が悪いときに薄めた液体肥料を10日に1回くらい与えます

ふやし方

一年草ですので、花が終わった後のタネを保存しておき、その年の秋にまくとよく発芽します。
キンセンカのタネは寿命が長く、5年くらい経ったタネでも発芽するといいますが、その年に採ったタネはその年の内にまく方が発芽率がよくなります。

ネットで調べたらこのような事が書かれていました。

この冬知らずは埼玉の実家からもらってきたものです^^

チェンさんが大好きなお花のひとつです^^



ニックネーム kumi at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーディニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

姫足長ムシトリスミレ

IMG_1933.jpgIMG_1935.jpg
【食虫植物】姫足長ムシトリスミレ(エセリアナ)

変わったお花の紹介です^^

スミレって書いてあるからスミレかと思ったら・・・
食虫植物でした^^

増やし方も簡単みたいなので沢山増えるといいな〜

チェンさんも興味心身なので大事に育てますね

 
ニックネーム kumi at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーディニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする